FOOD DRINK SHOPPING PEOPLE HOUSE HOUSE LOCATION
味食道 引田屋 東京都福生市
スパイメガネ

来るべき未来に備え、
鼻息荒くはじめてみたtwitterでありますが、
想像以上につぶやくことがありません。
「え!?EXILEのヴォーカルオーディション終わっちゃったの!?」
「今日病院に行ったのですが、
ひとりレントゲン室で10分間の放置プレイでした!」
「久しぶりにキン肉マン(ファミコン)をプレイしたい!」
「知らない人から着信あり」
これらをつぶやいて…その後一体どーするの!?
みたいなことしか思い浮かびません。
うーん、それでいいのか…twitter。
まま、様子をみながら気長に続けてみたいと思います。
もしやっている人が居ましたらプリっとフォローお願いします。
あれこれご教授くださいませ〜。

※↑つぶやくことがなさ過ぎて退会しました。




味食道 引田屋

そんなこんなで久しぶりに行ってきました。
味食道引駄田屋さん。
ハイテク時代だろうがなんだろうが、
そんなことはおかまいなし!
ただただ美味いものを追求し、
長年地元の方から愛され続けているお店です。





味食道 引田屋

見て下さい!このさば。
焼き加減、塩加減がどんぴしゃぴしゃです!
美味しいかどうかは頼んでみて、
各々ご判断くださいませ(美味いです)。





味食道 引田屋

日本一味噌汁が似合う男、
ケンちゃんもこの表情。





味食道 引田屋

「う、うんめぇ〜」
今となっては昔懐かしの番組ですが、
『料理の鉄人』道場六三郎さんのもとで五年間修行を積んだ経歴の持ち主、
田中達也さんがつくるお料理が食べれるのは、
福生、銀座通りにある引田屋だけっ!(少年ジャンプな感じでお願いします)
福生に遊びに来てお腹が空いたら、
ぜひぜひ行ってみてください。





スパイメガネ

【お店】『味食道引田屋』
【住所】東京都福生市本町107
【TEL】 042-551-0218
【営業時間】10:00〜15:00 17:00〜21:00
【お休み】毎週日曜日
【地図】
大きな地図で見る


近未来ポリス072が好きでした。
もし知っている方おりましたら、
クリックお願い致しまっす。

人気ブログランキングへ

kino

スポンサードリンク
| 和食 | 02:06 | comments(4) |trackbacks(0) | ↑PAGE TOP |
味食道 引田屋 福生 Fussa

今回は福生銀座通りにあります味食道引田屋さんをご紹介。
(食堂ですが食堂ではありません。食の道と書いて食道です。)
創業70年を超える昔ながらの定食屋さん。
70年も続くには当然わけがあるはず!!と期待いっぱいで店内へ。

14時過ぎにお店に行ったのに・・・やはり昔ながらの人気店。
サラリーマン、近所のおじさん、お兄さん、お姉さんで店内は混雑しておりました。
(写真はお昼の部、ラスト15時過ぎに撮った店内の写真です。
人が大勢居るときにパシャパシャするのもどうかと思いラスト一人になるまで粘りました。みなさん美味しそうにお料理を食べていたので。。
ジャマにならぬようひっそりと。)




はじめに注文したのがミックスフライ定食(あじ、いか、えび)¥750
うーん。
器の大きい茶碗に盛られた炊き立てのふっくらご飯。
具沢山の味噌汁とぬか漬けといいまさにおふくろっ!!ですね。




そんな軽い気持ちであじフライを一口食べると・・・・
ううぅ。
「おふくろさんさん。。おふくろ以上のおふくろの味がここにあるよ。」

揚げ方が違うのか、あじが凄まじく新鮮なのか・・・
いやいや、やはりプロの仕事。
繊細な衣が優しい感じで具を包み込み、中はやわらか外は凄いサックサク。
今までに食べたことのない絶妙な揚げ加減です。
(『違いのわからない男』の僕でも違いがわかるくらい。)
そしてプリプッリのえびフライをパクリ。

ええ。
これで750円。。安すぎだと思います。
(しかも、えびフライの下にもいかさんがたくさん!!よく漬け込まれたぬか漬けも具沢山なみそ汁も美味しいです。)




「うまうま」言いながら次に注文したのは
生まぐろ丼¥750(みそ汁、おしんこ付き)

ごはんが見えないくらいに豪快に盛られたまぐろとパラパラとふり掛けられたゴマが相性抜群♪
まぐろの旨みとシャキっとしたシャリに耐え切れず、無我夢中、ハイスピードで完食。
ごちそうさまですっ。

まさに美食堂!!定食屋さんの値段で本物の日本料理が味わえます



「あー食った食った。」とぽっこりふくれたお腹をさすりながら店内を見わたすと味のあるポスターがあったので撮影。
キリンです。乾杯です。かなり歴史がありそうです。

このポスターがある所はお座敷になっていて夜(18時〜)は、
懐石料理などで楽しむ人たちで賑わうようです。
金、土、日のみ限定で5名以上から予約が出来ます。(予約は3日前までに)
お値段は9品でお一人5000円。
(・先付・前菜・お椀・お刺身・焼き物・煮物・強肴・お食事・水出し)

三代目田中達也さん料理の鉄人道場六三郎さんのもとで五年間修行を積んだ経歴の持ち主です。
福生では有名なお話かもしれませんが・・・・。
『銀座「味岡」で働いているときにお客さんで来ていた道場六三郎さんと出会い「ろくさん亭」にて五年間修行を積んだのち、
若干27歳で銀座「松之助」の料理長に。
こちらで10年間料理長をして、お父様のお店「味食道引田屋」を継ぐ。』

こんな方の絶品懐石料理を5000円で食べれるなんて・・・贅沢、幸せ。
まして定食なんて400円からあります。
つくづく福生に住んでいる方、福生にお勤めの方が羨ましい。。。




お店で拝見した田中達也さんが掲載されている本に気になった記事があったので引用させていただきます。
(銀座「松之助」料理長時代にインタビューされたものです。)

自分が他の料理人と違う点があるとすればそれは味だ。
「辛さ、しょっぱさとおいしさを感じ分けるギリギリの線というものがある。
そのピタッと合う線を見つけることができる。そこに行くまでおいしいといわれる店を食べ歩きましたね。おいしさが舌に記憶されていくのだと思います。
給料の半分以上は食べてきたんじゃないでしょうか。自分で払ってはじめて自分のものになるんです。」

うーん。料理の世界でなくとも共通することがあるような・・・
最後の言葉もグッときてしまいます。

そんな田中達也さんの『味食道引田屋』で基本としていることが
こだわりはないが自分が食べておいしいと思うものしかださない。」
だそうです。
料理長田中達也さんがおいしいと思う料理。
皆さまも是非一度ご賞味くださいませ♪

【お店】味食道 引田屋
【住所】東京都福生市本町107
【TEL】 042-551-0218
【営業時間】10:00〜15:00 17:00〜21:00
【お休み】毎週日曜日


人気ブログランキング
日本ブログ村

kino

スポンサードリンク
| 和食 | 01:04 | comments(10) |trackbacks(3) | ↑PAGE TOP |


管理人プロフィール

福生まれストア

グッズ取扱店

フッサポーター

ft2.jpg


thanks.gif



 

calendar.gif
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
categories.gif ■ブログ未掲載の福生情報も?

■ご当地グッズでFUSSAを世界にPR作戦



■【福生まれ切符を持っている方限定】 福生ゆき切符
ヒ・ミ・ツのFacebookページ。
切符をお持ちで無い場合は入場できません。


selected_entries.gif thanks.gif
ブログ・Tシャツを紹介して頂きました。

fussabook.jpg
立川・福生本

tamafussa.jpg
たまら・び

street3.jpg
朝日マリオン

street3.jpg
西多摩経済新聞

street3.jpg
日経トレンディネット


TV東京 アド街ック天国【薬丸印】

street3.jpg
朝日新聞


西多摩新聞

street3.jpg
西の風新聞

kansya.JPG
福生市から感謝状を頂きました
→そのときの模様

s20111113_4751548.jpg
コダテリライフ(扶桑社)

swataru.jpg
SISTER JET/
WATARU.S OFFICIAL BLOG



metoro min.
(東京メトロフリーマガジン)


street3.jpg
朝日新聞

R25.jpg
R25

問い合わせ・ご質問はコチラまで。

recent_comment.gif

archives.gif
links.gif

累計 
今日 
昨日 


profile.gif others.gif
限りなくアメリカに近い福生 Copyright(C)2005-2015 UNDERHEAD. All Rights Reserved.Design By 131WEB DESIGN.