FOOD DRINK SHOPPING PEOPLE HOUSE HOUSE LOCATION
バカボンド 其の4 〜平等院〜
バカボンド

宇治橋近くのお茶屋さん通圓(つうえん)で、
適当に決闘を済ませた後にやってきたのは、
10円硬貨とかで知られる平等院
(またまた世界遺産!)

※今回福生ネタはありません。ごめんなさい。
GWは福生へ!」とナイスな計画をたてている方は、
こちらなんかを参考にしてみてくださいませ〜。

※前回までの様子はこちらで。
バカボンド 其の1
バカボンド 其の2
バカボンド 其の3





バカボンド

ジャリジャリジャリ…
小石を踏みしめながら歩みを進めること数分。
約1000年前に建立された大変貴重な建築物、
鳳凰堂の登場です。
その存在感からか、大仏ふたり言葉を交わすことなく、
ただただ呆然と建物及び池なんかを眺めながら思ったことは、
「こ、この雰囲気。マジで恋する5秒前!!!」(古)







バカボンド

桜の枝が思いっきし被ってますが…
日本の代表的な文化財であり、
かつ建物に特徴があるという理由により、
昭和26年に10円硬貨に選ばれた平等院鳳凰堂。
なんでもこの建物は極楽浄土の宮殿をモデルにされているとか。
ふーむ。そんなことを聞くと、
小銭だからって粗末にできない存在なんだなぁ〜。(山下清)




バカボンド

鳳凰堂にズームしてみた写真。
ん?なんか真ん中で光輝いてますねぇ。
10円玉にも描かれているのでしょうか!?





バカボンド

所変わって屋根の上。
こちらの鳳凰どこかで見覚えがありませんか?
おそらくと言うか確実に僕のお財布には入ってないので、
ぜひともみなさまのお財布でお確かめを。(ワシャー!)




バカボンド

気になった真ん中をカムバック。
「ん?あれは……ぶ、ぶ、仏像だぁーぃ!!!」
ということで近くに行ってご挨拶させていただくことに。





バカボンド

「どーも。こんにちは。毎度おなじみ大仏野郎です!」
手を合わせ拝ませていただいのは、
鳳凰堂にいる阿弥陀如来坐像。





バカボンド

残念ながら写真撮影NGだったためここではお見せできませんが、
柔らかく優しい表情は今までの悪事が一掃されたような、
清々しい気持に…(調子良すぎ)
ほかにも雲中供養菩薩像など見どころ満載でした。
※公式HPで顔出ししてますのでご覧になってみてください。
http://www.byodoin.or.jp/index.html





バカボンド

「いや〜なんだか気持ち良かったねぇ〜」
「んだんだ」
宇治川を眺めながらつぶやきあう大仏ふたり。(キモスっ)





バカボンド

「次回はとりあえずお風呂に入ろう!」
「んだんだ!早いとこ温まろう!」
玉川兄弟が一目散に向かった先とは…
『ま、まさかのアソコの巻(仮)』に続いちゃいます。
ごめんなさい。


人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活ブログ 東京情報へ

お店一覧 あいうえお順】【大仏

ありがとうございました。
kino

スポンサードリンク
| 大仏 | 20:44 | comments(3) |trackbacks(0) | ↑PAGE TOP |
バカボンド 其の3 〜宇治〜
バカボンド

車内一面グリーンな電車を乗り継ぎやってきたのは、
宇治茶などで知られる宇治市
あいにくの天気ではありますが小雨なんてなんのその。
大仏はここでもやけに元気です。

前回までの様子はこちらで。
バカボンド 其の1
バカボンド 其の2





バカボンド

こちらは宇治橋近くで読書中の紫式部
誰かと待ち合わせをしているらしい、
kimo大仏改め小次郎がいやらしく近づいてます。。
小「どったの?式部ちゃん。
  こんなどしゃ降りの中、巻紙なんて読んで。
  風邪ひくぜっ!」
音『ピロピロ、ピロピロ』
小「あっ武蔵から電話だ!」





バカボンド

小「あ、もしもし!小次郎ですけど、
  おまえ何でいっつも待ち合わせ時間に遅れるわけ?」
武「え?今回はちゃんと遅れずに来てるよぅー」
小「嘘つけ!周りには式部ちゃんしかいないぜ!」
武「あれ?もしかして夢浮橋ひろばの方にいるぅ?」
小「そ、そうだけど。
  だって待ち合わせ場所ここだろ?」
武「相変わらず小次郎は記憶力ないねぇ〜
  今日はお茶屋で待ち合わせって言ったじゃんよぅ。
  あーおじさん、もう一杯おかわりね!」
小「お、おい!ちょ、お前何のん気におかわりしてんだよ!」
武「あい、そう言うことでね。よろしくちゃん」
音『プープープー』





バカボンド

小「あーむかむか!絶対、夢浮橋ひろばって言ったよあいつ。 
  あーあー!!!めんどくせー!!!」
小次郎の聞き間違いなのか、
それとも武蔵の罠なのか…
とりあえずイライラしながら宇治橋を駆ける小次郎。





バカボンド

小「ん?でもちょっと待てよ。
  これはまた俺を怒らせて、
  その隙に一本いただこうっていう魂胆だな。
  フフフ、同じパターンに引っ掛かるかよ。
  武蔵、敗れたり!ハッーハッハッー!!」
前回巌流島での戦いでこてんぱんにやられたことを思い出し、
気持ちを落ち着かせたようです。
巌流島での戦いはこちら





バカボンド

音『ドテー!!!』
雨のため大変滑りやすくなっていた宇治橋で、
思いっきりすっ転ぶ小次郎。
手の甲、そしてひざ損傷。
小「今のは痛かった…痛かったぞーーー!!!」
再び怒りが沸点に達しフリーザの名言をパクります。





バカボンド

小「アナタノセイデヒザヲスリムケ!」
前回同様、
冷静さを失いなぜか片言の日本語になっている小次郎に、
武「小次郎敗れたり!」
軽く一撃二撃三撃喰らわす武蔵。





バカボンド

音『バキっボキっベキっ!!!!!』
見るも無残な光景のため、
おだやかな宇治川画像をお楽しみください♪♪





バカボンド

武「ふぅ〜今日も剣術が冴えわたるぅ」
小「ちきしょう!完敗たぜっ!」





バカボンド

武「まま、抹茶ソウトクリームでも食べて元気出せよ、な!」
小「む、武蔵…親指…」


※毎度ふざけてすみません。
これらは「フィクション」であり、
登場する人物・団体・地名等は実在する話に酷似していても、
まったくもって関係ありません。






バカボンド

ということで前フリが無駄に長くなりましたが…
宇治に着き最初にやってきたのは、
850年の歴史を誇る宇治茶の老舗『通圓(つうえん)』。
豊臣秀吉もここで茶会を催したり、
吉川英治の歴史小説『宮本武蔵』に登場したり、
広辞苑にその名が刻まれていたりと、
とっても由緒あるお茶屋さんみたいです。

詳しくは通圓オフィシャルホームページをご覧くださいませ。
http://www.tsuentea.com/jpindex.htm


人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活ブログ 東京情報へ

お店一覧 あいうえお順】【大仏

ありがとうございました。
kino

スポンサードリンク
| 大仏 | 12:53 | comments(0) |trackbacks(0) | ↑PAGE TOP |
バカボンド 其の2 〜醍醐寺〜
バカボンド

ドーナツ食べて電車に乗って向かった先は、
『俺とお前の〜大五郎♪』とはたぶん関係ない世界遺産の醍醐寺
ここは空海の孫弟子の聖宝が874年に創建した寺院で、
豊臣秀吉による「醍醐の花見」が行われた地としても有名なお寺だそうで。

僕らが訪れたときはちょうどその桜が満開の時期!
loaded(オレンジバック)も大仏かぶるの忘れて、
口をぽかーんと見惚れてますねぇ。





バカボンド

バカボンド

バカボンド

「この道を豊臣秀吉たちが行き交いしていたんだぁ〜」
なんて想像しながら桜を眺めると、
なんだかワクワクしちゃいます!
醍醐の花見(だいごのはなみ)とは、
慶長3年3月15日(1598年4月20日)に豊臣秀吉が京都の醍醐寺において、
豊臣秀頼、北政所、淀殿ら近親の者を初めとして、
諸大名からその配下の者など約1300名を従えて、
盛大に催した花見の宴である。
ウィキペディアより






バカボンド

「桜撮る 必死なおばさん 僕は好き」
道端にぽっかり開いたほら穴にハマりながら、
ぶつくさ呟くkimo大仏。(頭の中ではバカ桜が満開中)
放置プレイの方向で…





バカボンド

奥に見える建物は三宝院(入口)。
あとでわかったことなんですが、
ここの建物内には秀吉設計の庭園があるそうで、
醍醐の花見で詠まれた和歌の短冊なども保管されているのだそう。
ほら穴にハマってる暇があったなら覗いとけばよかった!
と激しく後悔!





バカボンド

「発射5秒前、5、4、3、2、1…」
オナラで宇宙に飛び立とうと試みるloaded大仏と、
桜の枝に隠れちゃってるのは五重塔。(国宝)
文明・応仁の乱の影響で焼失、荒廃した下醍醐で、
唯一生き残ったえらい塔です。(拍手)





バカボンド

歴史マニアloaded大仏が、
異常な興味を示し写真を撮りまくっていた石垣。
(塀の下の方、石が積んである奴)
ここにはロマンがいっぱい詰まっているそうなんですが、
普通の人にはただたんに石が詰まっているとしか…
『ペシっ!ペシペシっ!!』
断じてそんなことはないそうです。。(めんどい)





バカボンド

小雨が降っても絵になっていた醍醐の桜。
それはそうとみなさん用意が大変よろしい!
雨が降り出した瞬間、
一斉に折りたたみ傘をリュックから取り出し、
パカ、パカ、パカですからね。
僕らも見習わなければ。。





バカボンド

そんなこんなで雨に打たれまくった大仏。
プルプル震えながらコンビニで傘を購入し、
電車に乗って次なる場所へ〜。





バカボンド

「ここどこよ?え?なになに?泳げって?」
次回『いつも握りしめていたアレ』に続きまーす。





バカボンド

おまけ。
「俺とお前の大五郎〜♪」
醍醐寺に着くなりずっとこのフレーズを口ずさんでいたのですが、
最寄駅前にホントにありました!
その名も『パセオ・ダイゴロー西館』。
ナイス!パセオ!よくやった!(涙)

醍醐寺
【住所】京都市伏見区醍醐東大路町22
【HP】http://www.daigoji.or.jp/


人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活ブログ 東京情報へ

お店一覧 あいうえお順】【大仏

ありがとうございました。
kino

スポンサードリンク
| 大仏 | 13:05 | comments(0) |trackbacks(0) | ↑PAGE TOP |


管理人プロフィール

福生まれストア

グッズ取扱店

フッサポーター

ft2.jpg


thanks.gif



 

calendar.gif
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
categories.gif ■ブログ未掲載の福生情報も?

■ご当地グッズでFUSSAを世界にPR作戦



■【福生まれ切符を持っている方限定】 福生ゆき切符
ヒ・ミ・ツのFacebookページ。
切符をお持ちで無い場合は入場できません。


selected_entries.gif thanks.gif
ブログ・Tシャツを紹介して頂きました。

fussabook.jpg
立川・福生本

tamafussa.jpg
たまら・び

street3.jpg
朝日マリオン

street3.jpg
西多摩経済新聞

street3.jpg
日経トレンディネット


TV東京 アド街ック天国【薬丸印】

street3.jpg
朝日新聞


西多摩新聞

street3.jpg
西の風新聞

kansya.JPG
福生市から感謝状を頂きました
→そのときの模様

s20111113_4751548.jpg
コダテリライフ(扶桑社)

swataru.jpg
SISTER JET/
WATARU.S OFFICIAL BLOG



metoro min.
(東京メトロフリーマガジン)


street3.jpg
朝日新聞

R25.jpg
R25

問い合わせ・ご質問はコチラまで。

recent_comment.gif

archives.gif
links.gif

累計 
今日 
昨日 


profile.gif others.gif
限りなくアメリカに近い福生 Copyright(C)2005-2015 UNDERHEAD. All Rights Reserved.Design By 131WEB DESIGN.