FOOD DRINK SHOPPING PEOPLE HOUSE HOUSE LOCATION
森田主馬さんに訊く!福生昔ばなしやなんやかんや!其の四
「祭囃子が聞こえてきたよ〜」ということで、
あのお話を!?このタイミングで!?
再開したいと思います。
みなさまも僕も、
前に伺ったお話をすっかりお忘れかと思いますので、
これまでのお話を振り返りつつ、
森田主馬さん(大正14年生まれ)のお話を、
お楽しみいただけたら幸いです。

〜これまでのお話をプレイバック〜
其の一 その中で今でも生きているのは6人。
其の二 ただ乾燥させるんじゃなくて手で揉むの。
其の三 手をあげて停めちゃったんだってさ。





森田主馬さん

「神輿担ぎたくてしょうがなかった」

主馬さん
福生にはね、祭り太鼓っていうのがあったんだ。
お囃子とはちょっと違う。
そういうものを教えてもらってね、
忠実に守っていたんですよ。


大仏
ふむふむ。


主馬さん
お祭りでね、神輿を担ぎたかったんだけど、
私はいつも太鼓を叩いてたの。
楽しそうに神輿担いでいる人を、羨ましく思いながら。


大仏
ちょっと切ないですね。。


主馬さん
3年生以下の人が太鼓なんです。
太鼓叩く人は4人くらいいてね。
あと笛を吹く人、これはだいたい大人かな。
太鼓叩く以外の人は提灯持ちっていって、
提灯持って太鼓のあとを歩く人。
だからまだ提灯持って歩くよりも、太鼓叩いてた方が良かった。
なんか優越感があって。
それはね、上手だったからそんなことだったんだけれど。
実際心の中じゃ、
神輿担ぎたくてしょうがなかった。


大仏
(これから太鼓叩いている人にも注目します!)


主馬さん
ハチマキの色でね、
あれは何係っていうのがわかっちゃうの。
うちにはいつも空色のハチマキが来るんです。
「これ絞めて出ろ」なんて言われて。
そうすると太鼓叩きに決まってるんだ。
御神輿担げない。
そういう伝統があったの。
そこでね、一所懸命叩いてみんなに褒められたけど、
心の中は嫌で嫌でしょうがなかった。








「そんなことでだんだんだんだん」

主馬さん
たまたまね、福生の牛浜というところにお囃子があったんです。
お地蔵様があってね、お祭りに叩いたんですよ。
それをね、羨ましく思った。
だけど習うことはなかったねぇ。教えてくれなかった。
教えてくれないから聞いてるうちに覚えちゃった。
笛の音とかね、叩く音とかね、
そういうの聞いてると子供は覚えるの早いんですね。
それが私のお囃子なんかのはじまりなの。


大仏
(耳コピ!?)


主馬さん
ええー、そんなわけでそこに額があります。
あそこに習った町会の名前が書いてあるでしょ?
(お部屋に飾られた額を指差しながら)
そういう組がね、
さっきも言ったように文化が変っちゃって、
お囃子だとかお神楽だとかをやる人は忘れられちゃったんですよ。

それでもね、一年に一回はお祭りがあるわけ。
そうするとそういう文化じゃお祭りにならないの。
新しいヨーロッパ文明のね、
楽器を奏でたってお祭りにならないんです。
昔のものが、その日だけは一番大事になってくるわけ。


大仏
確かにお囃子や御神輿がないお祭りは...


主馬さん
NHKが昔『ふるさとの歌まつり』っていう番組をやっていて。
宮田輝っていう人が司会で。
いろいろな伝統文化を放送したんですけど、
全国放送で大評判だった。
その番組がね、何十年って続いたの。
そこでむかーしのもの、
『文化』っていうものが素晴らしいってことになって。
今、浅草っていうとすごいお祭りやるでしょ?
ああいう文化が復興しちゃったんですよ。


大仏
おお〜。


主馬さん
そのときにね少しだけども、
お線香の火が灯っているくらいに残ったのがね、
何人か福生にもいたわけ。
今はいませんよ。みんな死んじゃってますね。
で、私だけなんだわ。
居るかもしれないけど、ちょっと年齢が若いんだね。

いつから出来たということ(福生のお囃子事情)は、
年寄りが話して、聞いてれば憶えているし、
聞く気がないで、ただ興味があって太鼓だけ習った人は、
どうなっていたのかはわからないはず。

そんなことでだんだんだんだん、
福生のお祭りも盛り上がってきたわけ。
で、いまに続いている。
それは蛍の光くらいのことなんだけど、
私の自慢話。
世界的には蛍の光にも届かない(笑)。
そんなことですよ。






森田主馬さん

超あいだをあけまくりでお送りした、
主馬さんのお話いかがだったでしょうか?
「神輿もいいけど太鼓もね」
新しいお祭りの楽しみがひとつ増えた、
そんな気がする夏祭り前。
福生七夕まつりがはじまる前くらいには、
全編投稿できたらと思っております(汗、こまめな水分補給を忘れずに!)。





福生七夕まつり

神輿と山車の競り合いが見所!
2015年の『福生夏祭り』は、
7月25日(土)・26日(日)に開催されます。
この夏祭りは、神輿や山車が、町会・自治会ごとに市内を練り歩き、子どもから大人まで楽しめる福生の代表的な行事の一つです。
 中でも盛り上がりを見せるのは、市内各会場で行われる神輿と山車の競り合いです。大勢の観客が見守る中、お囃子と威勢のいい掛け声が響き、その勇壮な姿を披露します。
 それぞれの町会・自治会が工夫を凝らし、地域の絆を深める大切な交流の場となっています。皆さんも夏祭りに参加し、福生の夏を感じてください。
【日程】7月25日(土)・26日(日)
〜福生市公式HPより〜
http://www.city.fussa.tokyo.jp/…/month/m1cpmb000003m80s.html

関連リンク
■福生七夕まつりでのお囃子やお神輿や山車など。
http://fussa.underhead.jp/?eid=789992




今日もありがとうございました。
緑の大仏

スポンサードリンク
| 福生の人 | 06:07 | comments(0) |trackbacks(0) | ↑PAGE TOP |
NHK ニッポンのポ in 福生
Yokota Friendship Festival 2010

「これはすごい!」
NHKスペシャル『ニッポンのポ』というサイトで、
福生のことがかなり詳しく、
濃ゆい内容で紹介されております。
見応え読み応え◎
のんびりたっぷりお楽しみください♪

▼ニッポンのポ
http://www.nhk.or.jp/po/

▼ニッポンのルポ in 福生
http://www.nhk.or.jp/po/tokushu/1631.html
▼ニッポンのルポ in 福生 『交わりあう街と基地』
http://www.nhk.or.jp/po/tokushu/1632.html
▼ニッポンのルポ in 福生 『FUSSAから生まれたサブカルチャー』
http://www.nhk.or.jp/po/tokushu/2007.html
▼ニッポンのルポ in 福生 『福生の今 そして未来』
http://www.nhk.or.jp/po/tokushu/2070.html



今日もありがとうございました。
緑の大仏

スポンサードリンク
| お知らせ | 06:31 | comments(0) |trackbacks(0) | ↑PAGE TOP |
鳥茂 焼き鳥 おでん 東京都福生市
P1120192

ご無沙汰しております。
ブログサボりまくりの緑の大仏です。
先日銀座通りでお店をやっておられた、
B.W.O.さん(現在は世田谷)とひっさしぶりに飲んできました。
向かった先は何かの体験教室の下にあります、
創業39年の老舗焼き鳥屋さん『鳥茂』。





P1120187

到着したのは18時ちょい過ぎ。
カウンターには常連さんと思われる方々がズラっと並び、
ほぼ満席状態。
運良く入り口付近の席が2つだけ空いていたので、
「あっどうもすみません」
なんつって着座させていただきました。
(写真はその後、ビールを3、4杯やっつけた後に撮影)





P1120196

定番メニューはこんな塩梅でいろいろ。
ちなみに表記されているお値段は39年前当時のものだそうなので、
あまり大差はありませんが、
現在の価格が気になる方は女将さんに聞いてみてください。





P1120197

今日のメニューやおすすめメニューは、
奥のホワイトボードをどーぞー。





P1120198

その他気になることは、
お気軽にお声がけをー。





P1120204

着座したカウンターの目の前にあったこの日のお通し4品。
(写っていませんがほうれん草のおひたしも)
この中からお好きなものを1品選ぶシステムでした。





P1120185

適当に注文したやきとり達。
塩がベターだと思われるなのばかり注文したのですが、
「うちはタレも自慢なの。もし良かった食べてみて」
と女将さんに言われて、





P1120186

皮も注文。
いやはや本当に美味しかったです。





P1120199

こちらもおすすめ。
牛レバ。
ごま油と塩でどーぞー。





P1120203

ビールがススム。
(このあと石川屋を経由してノックアウト)





P1120207

お料理もお酒も美味しいし、





P1120208

39年という長い歴史があるからこそ醸し出される、
『本物の雰囲気』も最高。





P1120190

そして何より、
B.W.O.さんもおっしゃっていましたが、
女将さんのお人柄がこれまた...





P1120189

鳥茂いいとこ、一度はおいで。
ディープな福生を楽しみたい方に断然おすすめのお店です。

【お店】鳥茂
【住所】東京都福生市福生882
【電話】042-551-5686
【定休日】日曜日




今日もありがとうございました。
緑の大仏

スポンサードリンク
| 居酒屋/バー | 01:50 | comments(1) |trackbacks(0) | ↑PAGE TOP |


管理人プロフィール

福生まれストア

グッズ取扱店

フッサポーター

ft2.jpg


thanks.gif



 

calendar.gif
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
categories.gif ■ブログ未掲載の福生情報も?

■ご当地グッズでFUSSAを世界にPR作戦



■【福生まれ切符を持っている方限定】 福生ゆき切符
ヒ・ミ・ツのFacebookページ。
切符をお持ちで無い場合は入場できません。


selected_entries.gif thanks.gif
ブログ・Tシャツを紹介して頂きました。

fussabook.jpg
立川・福生本

tamafussa.jpg
たまら・び

street3.jpg
朝日マリオン

street3.jpg
西多摩経済新聞

street3.jpg
日経トレンディネット


TV東京 アド街ック天国【薬丸印】

street3.jpg
朝日新聞


西多摩新聞

street3.jpg
西の風新聞

kansya.JPG
福生市から感謝状を頂きました
→そのときの模様

s20111113_4751548.jpg
コダテリライフ(扶桑社)

swataru.jpg
SISTER JET/
WATARU.S OFFICIAL BLOG



metoro min.
(東京メトロフリーマガジン)


street3.jpg
朝日新聞

R25.jpg
R25

問い合わせ・ご質問はコチラまで。

recent_comment.gif

archives.gif
links.gif

累計 
今日 
昨日 


profile.gif others.gif
限りなくアメリカに近い福生 Copyright(C)2005-2015 UNDERHEAD. All Rights Reserved.Design By 131WEB DESIGN.