FOOD DRINK SHOPPING PEOPLE HOUSE HOUSE LOCATION
ロード・オブ・ザ・フッサ 〜ウォーキングフォーエバー〜 玉川上水編 その4
ロード・オブ・ザ・フッサ 〜ウォーキングフォーエバー〜玉川上水編

「ねぇ今回の昼食はどうする?
 ここにはマックもあるしモスもあるよ!」
お腹が空いたというよりも、
ただたんに休みたいだけなメガネ。
遠まわしにその旨を、
念力で伝えようと試みるも残念無念。
結局歩き続けることになりました。

ロード・オブ・ザ・フッサ
〜ウォーキングフォーエバー〜 玉川上水編 もくじ
その1
その2
その3
その4
その5



ロード・オブ・ザ・フッサ 〜ウォーキングフォーエバー〜玉川上水編

玉川上水駅から歩いてちょっとのところ。
若干離れているのでわかりづらいかもしれませんが、
奥の方でゴニョっとしているのが小平監視所です。
羽村取水口から取り入れられた多摩川の原水は、
ここで落ち葉や空缶、
メガネやエロ本など、
さまざまなゴミが取り除かれたあと、
暗渠にて東村山浄水場へ送られます。
ということで、
長らく楽しませてもらった多摩川の原水とは、
ここでおさらばすることに。
「ありがとう!原水さん!さようなら!原水さん!」






ロード・オブ・ザ・フッサ 〜ウォーキングフォーエバー〜玉川上水編

これより先は、
昭島市にある多摩川上流水再生センターで処理された、
再生水が清流復活用水として放流されています。





ロード・オブ・ザ・フッサ 〜ウォーキングフォーエバー〜玉川上水編

木々が生い茂る小道を下ると、





ロード・オブ・ザ・フッサ 〜ウォーキングフォーエバー〜玉川上水編

石と石の隙間から、
じゃばーっと水が流れていまして、





ロード・オブ・ザ・フッサ 〜ウォーキングフォーエバー〜玉川上水編

こんな感じで、
マイナスイオン炸裂です。
ここでは今まで流れに沿って歩けても、
触れることが出来なかった玉川上水に、
チャプチャプふれあうことが出来ます。

※しばらく流れが途絶えていた玉川上水下流は、
『清流の復活!』という熱い想いで集まった、
玉川上水を愛する人々の尽力もあって、
1986年、清流復活事業により蘇ったそうです。
清流復活の先駆けとして、
全国の甦る水100選にも選ばれております。





ロード・オブ・ザ・フッサ 〜ウォーキングフォーエバー〜玉川上水編

上水の役割を江戸時代から引き継いでいる、
上流部(羽村取水口〜小平監視所)よりも、
明らかに透明度が高い中流部。
(がんばろう!上流部!)





ロード・オブ・ザ・フッサ 〜ウォーキングフォーエバー〜玉川上水編

魚はもちろん、
亀山さんや亀田さんまでもが、
気持ち良さそうに寛いでおりました。





ロード・オブ・ザ・フッサ 〜ウォーキングフォーエバー〜玉川上水編

ちなみにこの近辺で多く見られる根っこの秘密は、
このような理由によるものだそう。
まさに雨ニモマケズ風ニモナントカですね。
あ、それと今回は突撃できませんでしたが、
この辺には『こもれびの足湯』なる、
癒しスポットもございます。
散歩の小休憩として是非。





ロード・オブ・ザ・フッサ 〜ウォーキングフォーエバー〜玉川上水編

緑豊かな玉川上水沿い。
「こんなところにお蕎麦屋さんでもあればいいのに〜」
なんて思っていたらありました。
が、しかし、
この日はそばうどんの気分ではなかったようで…





ロード・オブ・ザ・フッサ 〜ウォーキングフォーエバー〜玉川上水編

小鳥さえずる玉川上水沿い。
「こんなところにオサレなカフェでもあればいいのに〜」
なんて思っていたらありました。
が、しかし、
この日はオサレの気分でもなかったようで…
(どちらもとってもいい雰囲気のお店でした!)





ロード・オブ・ザ・フッサ 〜ウォーキングフォーエバー〜玉川上水編

メガネの曇り具合を気にしてか、
途中、玉川上水から少し離れ、
鷹の台の駅前をなまはげよろしく、
あちこち見てまわるケンちゃん。
近くに武蔵野美術大学があるからでしょうか、
シャレオツなお店が結構ありました。





ロード・オブ・ザ・フッサ 〜ウォーキングフォーエバー〜玉川上水編

「男は黙って紙パック」
結局コンビニで飲み物を購入し、





ロード・オブ・ザ・フッサ 〜ウォーキングフォーエバー〜玉川上水編

再び玉川上水へ。





ロード・オブ・ザ・フッサ 〜ウォーキングフォーエバー〜玉川上水編

多摩川を散歩したときには考えられなかった、
マックがある玉川上水沿い。
このときスゲースゲー興奮したのでありますが、





ロード・オブ・ザ・フッサ 〜ウォーキングフォーエバー〜玉川上水編

このあと続々と飲食店が…!!
売切れ迄って!?本当に本当!?





ロード・オブ・ザ・フッサ 〜ウォーキングフォーエバー〜玉川上水編

「あそこか!?いや、あそこか!?」
迷いに迷った末、入店を決めたのは、
『本当の美味しさは、昔の日本にありました』
でお馴染みでもないかもしれない『くら寿司』です。





ロード・オブ・ザ・フッサ 〜ウォーキングフォーエバー〜玉川上水編

快適な室温、廻る寿司、グイってやると出てくるお湯、
ここは天国かと、もうここで死んでも悔いはないよと、
そこまでは思いませんでしたが、
かなりの幸福感が身を包み込みました。





ロード・オブ・ザ・フッサ 〜ウォーキングフォーエバー〜玉川上水編

美味しそうなネタに紛れて、
ひたすら流れていた謎のネタ。
メニューで確認してみても同じものが見当たらず、
結局これはなんだったのか、
未だにわからずじまいです。
(現在のところナス説と新種の貝説が有力)





ロード・オブ・ザ・フッサ 〜ウォーキングフォーエバー〜玉川上水編

この日のくら寿司では、
食べ終わった皿を機械に5枚入れると挑戦できる、
『ビッくらポン!でワンピースグッズが当たる!!』
というキャンペーンが行われていたのですが、





ロード・オブ・ザ・フッサ 〜ウォーキングフォーエバー〜玉川上水編

ツキまくっているケンちゃん。
普通に商品をゲットしておりました。
「え?なになに?
 超レアなスポーツタオル?それとも下敷き?」





ロード・オブ・ザ・フッサ 〜ウォーキングフォーエバー〜玉川上水編

「おお!!これは!!」





ロード・オブ・ザ・フッサ 〜ウォーキングフォーエバー〜玉川上水編

「なっ、なんだぁ〜!?」
ワンピースの新キャラかなにかと思ったら、
くら寿司オリジナルの新キャラ『アイスズメ』でした。
このあとメガネのリュックに半ば強制的に装着され、
ゴールまでお付き合いすることに。





ロード・オブ・ザ・フッサ 〜ウォーキングフォーエバー〜玉川上水編

食後、握り締めた500円玉で購入したシャツを片手に、
脇汗によるシミはありかなしかを考えるケンちゃん。

いよいよ次回はゴールの久我山!
福生ネタではないですが…
もう少々お付き合いくださいませ〜。

■これまでのロード・オブ
シーズン1 高円寺〜福生編
シーズン2 福生〜横浜編
シーズン3 福生〜海編


石井輝男FAN CLUB

“お近くのTSUTAYAでケンちゃんに会える!?”
ケンちゃんもちょいちょい登場している、
石井輝男FAN CLUBが、
全国のTSUTAYA、ゲオに置いてあるみたいです。
石井輝男が好きだ!
動いてるケンちゃんが見たい!
リリー・フランキーが好きだ!
ドキュメンタリー万歳!
そんな方はぜひぜひです。
“キング・オブ・カルト”として名を馳せた鬼才・石井輝男の素顔に迫る貴重な映像記録!
『網走番外地シリーズ』を連続NO.1ヒットさせ、東映随一の大ヒットメーカーでありながら1968年よりポルノ映画、
それも「異常性愛路線」と呼ばれる一連のエログロ作品を率先して作るようになり世間を驚かせた。
70年代までに東映のエログロ作品とアクション作品を量産し、90年代はつげ義春、
江戸川乱歩の世界へ傾倒したキング・オブ・カルト映画監督、石井輝男。
惜しまれつつ、81歳で他界した彼の遺作であり、リリー・フランキーをはじめとする
異色のキャスティングでも話題を振りまいた『盲獣VS一寸法師』の撮影現場を、
『青春☆金属バット』『ノン子36歳家事手伝い』『海炭市叙景』の熊切義和監督が撮影し、
石井輝男の最晩年の姿、演出風景が一挙に映る、貴重なドキュメンタリー。

1日1回、応援のクリックをお願いしまっす♪
人気ブログランキングへ
★ポチっとすると10UP★

どうもありがとうございました。

スポンサードリンク
| ロード オブ ザ フッサ | 01:06 | comments(0) |trackbacks(0) | ↑PAGE TOP |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fussa.underhead.jp/trackback/903049
トラックバック


管理人プロフィール

福生まれストア

グッズ取扱店

フッサポーター

ft2.jpg


thanks.gif



 

calendar.gif
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
categories.gif ■ブログ未掲載の福生情報も?

■ご当地グッズでFUSSAを世界にPR作戦



■【福生まれ切符を持っている方限定】 福生ゆき切符
ヒ・ミ・ツのFacebookページ。
切符をお持ちで無い場合は入場できません。


selected_entries.gif thanks.gif
ブログ・Tシャツを紹介して頂きました。

fussabook.jpg
立川・福生本

tamafussa.jpg
たまら・び

street3.jpg
朝日マリオン

street3.jpg
西多摩経済新聞

street3.jpg
日経トレンディネット


TV東京 アド街ック天国【薬丸印】

street3.jpg
朝日新聞


西多摩新聞

street3.jpg
西の風新聞

kansya.JPG
福生市から感謝状を頂きました
→そのときの模様

s20111113_4751548.jpg
コダテリライフ(扶桑社)

swataru.jpg
SISTER JET/
WATARU.S OFFICIAL BLOG



metoro min.
(東京メトロフリーマガジン)


street3.jpg
朝日新聞

R25.jpg
R25

問い合わせ・ご質問はコチラまで。

recent_comment.gif

archives.gif
links.gif

累計 
今日 
昨日 


profile.gif others.gif
限りなくアメリカに近い福生 Copyright(C)2005-2015 UNDERHEAD. All Rights Reserved.Design By 131WEB DESIGN.