FOOD DRINK SHOPPING PEOPLE HOUSE HOUSE LOCATION
FUSSA TALK #05 Shu-Thang Grafixさん イラストレーター
Shu-Thang Grafix 浦野 周平

別に住んだことがなくてもいい。
福生と少しでも縁があれば、
ぜひぜひお話をお聞かせください。
そんな軽いノリでやっております福生トーク
今回のゲストは、
書籍、雑誌、広告、CDジャケット、アパレル、コラムなどなど、
あらゆるメディアから引っ張りだこなイラストレーター。
Shu-Thang Grafixこと浦野 周平さんから、
福生話を伺ってまいりました。
(モッサリヘアのあのキャラを描いていらっしゃるお方です)





Shu-Thang Grafix 浦野 周平

――浦野さんが福生に訪れたきっかけを教えてください。

高校時代に古着ブームが友達の中で起きたときに、
「福生がスゴイよ」って話を聞いて、
ついて行ったのがきっかけです。


――友達の中で、ですか?

はい。僕はサイズがちょっとデカイので、
古着では着れるものがあまりないんです。
なので友達が洋服買うのを、
横目でチラチラ見ながら、
東京ファントムとかに置いてある、
ジープの後ろに積む実用的な箱とかに、
一人で興奮していました。
それからステッカー屋さんで、
バイクのステッカーをよく購入していましたね。
バイクではなく自転車に張る為に(笑)。






Shu-Thang Grafix 浦野 周平

――はじめての福生はいかがでしたか?

実家の真ん前が、
米軍基地だったんですよ。
航空公園駅のほうに、
通信塔が建っているだけの基地があって。
一線越えたら危険な目に遭うっていう、
ゾクゾク感を味わうのが楽しくて、
金網に指を引っかけては、
「あ!指から先だけがアメリカに居る!」
みたいなバカなことして遊んでいたんですね。
そんな流れで横田基地を見に行ったんですが、
横田基地にはアメリカ人がいっぱいいるわけじゃないですか。
ボロボロの国産車の窓を全開にして、
中から大音量で曲を流していたり、
腕をガバ〜っと出して運転していたり、
そんな光景を目の当たりにして、
凄いドキドキしたのを憶えています。





Shu-Thang Grafix 浦野 周平

――福生で記憶に残るエピソードはありますか?

大学が八王子にあったのですが、
実家がある所沢から八王子まで電車で向かうのは、
ものすごい乗り換え乗換えで定期代も非常に…
で、あるとき親が実家で使っていた車を下取りに出したら、
5万円にしかならないってことがあって、
「周平、乗るか?」って話になったんです。
それが軽油のディーゼルエンジンの車だったんですけど、
燃料代が当時すごい安かったんで、
定期代より安かったんですよ。
で、そこから車生活がスタートして。

写真は現在浦野さんが乗っているお車、シトロエンXm。



Shu-Thang Grafix 浦野 周平

――おお〜車通学。

国道16号を使わないと学校に行けなかったので、
学校に行くときは毎回福生を通っていました。
母の誕生日のときに韮菜万頭に寄って、
「スミマセン。韮菜万頭ってテイクアウトできますか?」
「いや、できません」
「母の誕生日なんです」とか言って、
無理やりテイクアウトにしてもらったこともあります(笑)。
だからそうですね。
通学っていうのも、
福生に付いたイメージのひとつです。

スチュエーションを作ることが好きだという浦野さんの愛車の車内。
車内にはアタッシュケースにステッキに葉巻が…
「一応フレンチ・マフィアという設定にしているので、
 使いもしないステッキや吸えもしない葉巻を散りばめています」

――その頃の福生と今の福生ってなにか違いがありますか?

今の福生の基本形は出来上がっていて、
すでにおしゃれなお店がいっぱいありました。
ちょっとしたおもちゃとかも安く買えて、
学生の懐に優しかったです。





Shu-Thang Grafix 浦野 周平

――ずばり、福生の魅力ってなんでしょう?

埼玉から福生に来るときに、
地下道を通るんですけど、
そこを上がったところから、
急に福生の空気になるんですよ。
グワ〜って下ったところから、
『ワープ』がはじまって、
そこを抜けると、
アメリカと日本をチャンプルさせたような、
グチャっとした異質な文化がはじまる。
あそこの感じが気持ち良いです。


――ほうほうほう。

それと友達に夜飲みに連れて行ってもらって、
「夜福生、スゴ〜イ!」と思ったんです。
「日本語が通じないお店があるんだぁ」って。
お店に入ったらそこに居たお客さんが、
「あ!日本人だ!」みたいなリアクションで。
メニュー見たら、
いい加減な日本の値段が付けられていたりで(笑)。
現実味がなくなるというか、
なんか変な感覚になりました。
だって日本にいるのに飛び交っている言葉は、
英語とスペイン語と中国語でしたから。


――福生の好きな場所・景色はありますか?

米軍基地関係者向けに昔からやっている、
保険屋さんや中古車屋さんの、
英語表記が入った看板が大好きです。
ヨレヨレになっていたりするんだけど、
時間が経ったアメリカ感みたいなものがあって。
あとは昔からある食べ物屋さんの、
一種独特な雰囲気も堪りません。
店主がニッコリ微笑んでる、
ニコラピザのおじさんとか、
行く度に「うわっカッコイイ〜」って思ってます。
福生で時間が流れてきたものが感じられる場所、
そういうところが好きですね。






Shu-Thang Grafix 浦野 周平

――福生を訪れるときにオススメのBGMはありますか?

日本人だったら横山剣さんをかけてベタな気分に浸ったり。
あとは銃声が鳴り響く悪そうなギャングスタ・ラップも大好きです。


――福生と言えば○○な街。○○には何が入りますか?

ものすごく刺激的な色を使いつつ、
それがちょっとセピアがかった街。
頭の中で福生の画を思い浮かべると、
原色がいっぱい出てくるんです。
たとえば米軍ハウスを、
頭の中でぱっと思い浮かべると、
緑の芝生があって、
停めてあるボロボロのジムニーとかが、
真っ赤だったりするんですけど、
それをよく咀嚼してみると、
いい感じにセピアがかって来るというか。
ちょっと抽象的になっちゃうんですけど。
セピアがかったショッキングピンクみたいな。
そういう不思議な街ですね。





Shu-Thang Grafix 浦野 周平

――福生で「福が生まれた」って感じた瞬間はありますか?

今描いてるイラストに出てくる、
登場人物がいる風景ってのを想像するときに、
凄い最先端な街っていうのではなくて、
ちょっとひなびた感じがありつつ、
凄く魅力的な街に佇んでいる人っていうのを想像しがちで。
それを頭の中で描くときに、
福生ってもの凄くイマジネーションを補ってくれるんですよ。
だから今の仕事をする上で、
あの街並みがいろいろと助けて来てくれたなっていうのがあって。


――おお〜。

幸福感に包まれる瞬間っていうのだったら、
さっきの車でワープの瞬間ですかね。
ちょっと音量大きめにして、
窓から腕をガバ〜って出して(笑)。
最近ヤシの木が植えられて、
さらにその幸福感が増しています。






Shu-Thang Grafix 浦野 周平

――浦野さんにとって福生とは?

ユルいほうの東京を味わうのに最適な、
もの凄く精神的に優しく迎えてくれる街。


――最後にブログを見ている方にコメントをお願いします。

長く通っていたわりには、
福生のコアな場所をまだ探検できていません。
オドオドしながら歩いてる、
挙動不審なデカイ男がいたら、
優しく「ココいいよ!」とか言って、
教えてくれると嬉しいです。はい。






Shu-Thang Grafix 浦野 周平

大変お忙しい中お話を聞かせてくださった、
Shu-Thang Grafixこと浦野 周平さん。
本当に、どうもありがとうございました!

Shu-Thang Grafix

1976年 東京生まれ。1999年 東京造形大学卒。
ベジェ曲線を用いたイラストレーターとして雑誌、書籍、広告等のイラストを中心に
パッケージ、ロゴデザイン等も手がける。
株式会社 スネイル主宰。

雑誌:R25、プロダクトデザインワールド、BRUTUS、Casa BRUTUS、GQ、AERA、POPEYE、NYLON、VOGUE NIPPON、日本経済新聞、メトロミニッツ、オーリー、Hanako、mono magazine、MOTO NAVI、BICYCLE NAVI、新しい住まいの設計、PS、MENS CLUB、カーセンサー、Goo、サイゾー 等

広告:フィリップモリス、内閣府、msn、NAVITIME、コンバース、キリン、NISSAN、MTV JAPAN、ドコモ、東京シティ競馬、JR西日本、ライフカードインターナショナル、ソニーファイナンス、CISCOレコード、日本マルチペイメントネットワーク推進協議会、FX ONLINE JAPAN、官公庁、ローランド、池田模範堂、Intel、みずほ銀行、ユニクロ、エテュセオム、TOTO、第一三共ヘルスケア 等

CD:真心ブラザース、abingdon boys school、LIFE RECORDERS、aM、Plastic Tree 等

その他、書籍イラストなどなど多方面でご活躍中。
http://www.shu-thang.com/


「不思議な街、福生」
ユルいほうのTOKYOを味わいたくなったら、
車でプイ〜ンとお越しくださいませ〜。
皆様の地道な応援のお陰で現在ランキング上昇中。現在○位です!
今日もありがとう!
今日も元気にポイントアップ!
人気ブログランキング の順位を見てみる。


スポンサードリンク
| 福生トーク | 12:20 | comments(0) |trackbacks(0) | ↑PAGE TOP |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fussa.underhead.jp/trackback/903011
トラックバック


管理人プロフィール

福生まれストア

グッズ取扱店

フッサポーター

ft2.jpg


thanks.gif



 

calendar.gif
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
categories.gif ■ブログ未掲載の福生情報も?

■ご当地グッズでFUSSAを世界にPR作戦



■【福生まれ切符を持っている方限定】 福生ゆき切符
ヒ・ミ・ツのFacebookページ。
切符をお持ちで無い場合は入場できません。


selected_entries.gif thanks.gif
ブログ・Tシャツを紹介して頂きました。

fussabook.jpg
立川・福生本

tamafussa.jpg
たまら・び

street3.jpg
朝日マリオン

street3.jpg
西多摩経済新聞

street3.jpg
日経トレンディネット


TV東京 アド街ック天国【薬丸印】

street3.jpg
朝日新聞


西多摩新聞

street3.jpg
西の風新聞

kansya.JPG
福生市から感謝状を頂きました
→そのときの模様

s20111113_4751548.jpg
コダテリライフ(扶桑社)

swataru.jpg
SISTER JET/
WATARU.S OFFICIAL BLOG



metoro min.
(東京メトロフリーマガジン)


street3.jpg
朝日新聞

R25.jpg
R25

問い合わせ・ご質問はコチラまで。

recent_comment.gif

archives.gif
links.gif

累計 
今日 
昨日 


profile.gif others.gif
限りなくアメリカに近い福生 Copyright(C)2005-2015 UNDERHEAD. All Rights Reserved.Design By 131WEB DESIGN.