FOOD DRINK SHOPPING PEOPLE HOUSE HOUSE LOCATION
レジェンド オブ フッサ vol.1 原口智生さん その1
映像+

福生ゆかりの人物からお話を伺う、
レジェンド オブ フッサ。
第1回は日本における特殊メイクの第一人者、
原口智生さん。

なぜにこんな大物ゲストと接触できたのかと言うと、
ブログでお馴染みケンちゃんこと岩井澤健治氏が、
「原口さんから話聞けることになったから。よろしく〜」
とまぁこんな軽い感じでご紹介してくれたから。
(サンクス!ケンちゃん!恩に着ます!)

ということでインタビューのイメトレを、
電車内で繰り返し行うこと数十回。
渋谷区にあります原口さんのご自宅に到着です。
「はぁ〜ちゃんとお話聞けるかなぁ…」
不安たっぷし。オシッコ漏れそう。
眉を八の字にしながら臨んでみた、
レジェンド オブ フッサ。
まずは福生に来たいきさつからスタートです。





原口智生さん

大仏
 ふぅ、ふぅ、
 福生に来たきっかけを教えてください。


原口さん
 81年ウルトラマン80って番組の、
 怪獣をつくる工房に助手で行ってて。
 まぁ学生だったからバイトだったんですけど。
 ウルトラマン80が終わって、
 その工房をやっていた自分の師匠、
 若狭新一っていう怪獣つくっている人が、
 ちょうどその頃、工房が手狭になって、
 「福生に工房を移そうかなぁ」って。

大仏
 ほうほう。


原口さん
 当時まだ米軍ハウスをシェアすることが、
 結構スタンダードな時代で。
 「一緒にシェアしないか」って。
 それで移ったんですよ。
 最初は国道16号沿いの、
 第三ゲートのすぐ近くのハウス。
 師匠とシェアして住んでたんだけど、
 その後大学の後輩と、
 八高線沿いのハウスに移りました。


大仏
 福生には何年くらい住んでいたんですか?


原口さん
 81年に福生に行って86年くらいまで、
 5年間くらい。
 85年に特殊メイクの仕事が順調っていうかまぁ、
 仕事が来るようになって。
 吉祥寺にマンションを借りて、
 福生はそのままにしてたんです。
 86年のどっかで福生を引き払って。
 だから丸5年かどうかはわからないけど、
 5年近くは。


ケンちゃん
 そのときはどんな作品を?


原口さん
 天国に一番近い島。
 角川映画がまだ凄い元気だった頃で。
 あとはキャバレーとか、
 テラ戦士ボーイっていう菊池桃子のアイドル映画だったり。
 安全地帯のプルシアンブルーの肖像とか、
 優作さんのア・ホーマンスっていう映画もその頃だったかなぁ。




原口さん
 ちょうど大学の学生生活の途中から。
 自分はどこにも就職しないで、
 フリーでいきなり、
 こういう仕事をはじめちゃったんだけど。
 はじめたきっかけがここ(福生)にあったし、
 プロでデビューして頭の方までは、
 福生でやってたんだよね。
 石井聰亙さんの爆裂都市とか。
 星くず兄弟の伝説とか。
 まぁそういう小さい映画からはじまって。

大仏
 むふむふ。


原口さん
 今はだいぶ米軍ハウスも減ったでしょう?

大仏
 かなり減ってますねぇ。
 当時はたくさんあったんですよね?


原口さん
 いっぱいありましたよ。
 でもなかなか空いてなかったんだよね。
 やっぱり住み心地がいいっていうか、
 そういう向きで住んでる人が多かったから。
 入居者が出た後も、
 潰すと結構広い敷地が取れるくらい、
 ゆったりしてたんで。
 空いた後はそのままにして、
 貸さなかったみたいなんだよね。
 最後の頃はそういうのが増えていた気がする。

ケンちゃん
 僕も81年に生まれて福生で育ったんですよ。


原口さん
 じゃぁ近くに居たんだねぇ。



UZU

原口さん
 東福生の駅の近くに、
 エレクトリック・ウズっていうライブハウスがあって、
 そこに行って遊んだり、
 基地の友達が出来て基地の中で遊んだり。
 凄い青春。
 恥ずかしいけど自分の中の、
 青春を一番謳歌したときが、
 福生のときで。



さぞかし熱いであろう、
原口さんの青春時代。
次回はその辺のお話を…
(つづく)




原口さんが監督を務める、
映画『ウクレレ PAITITI THE MOVIE』。
ただいま渋谷アップリンクにて絶賛公開中です!
(9月18日〜10月1日)
カニ坂ロックフェスティバルに出演されていた、
ヒカシューの巻上公一さんも出演されておりま〜す。


■目次
レジェンド オブ フッサ vol.1 原口智生 その1
レジェンド オブ フッサ vol.1 原口智生 その2
レジェンド オブ フッサ vol.1 原口智生 その3
レジェンド オブ フッサ vol.1 原口智生 その4


■原口智生 プロフィール

1960年、福岡県生まれ。
特殊メイクアーティスト、特殊造型家、映画監督、特技監督。
高校時代よりアルバイトで映画やテレビの現場に携わり、
大学在学中には美術スタッフとして、
川本喜八郎演出の人形アニメーション「火宅」「蓮如とその母」に参加。
その後は若狭新一のMONSTERSに所属し、
怪獣造型スタッフとして「ウルトラマン80」などに携わる。
1984年に特殊メイク・造型工房FUNHOUSEを設立。
「星くず兄弟の伝説」「帝都物語」「異人たちとの夏」、
「その男、凶暴につき」など北野武監督作品、
「ガメラ 大怪獣空中決戦」に始まる平成ガメラシリーズほか、
多くの映画、テレビ、CMなどで活躍。
「ウルトラマンメビウス」「ライオン丸G」では特技監督を手がける。
1988年、ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭
スペシャル・メイクアップ・コンペティションでグランプリ。
2001年、モントリオール世界映画祭Fantasia2001コンペティションで準グランプリを獲得。


今日もありがとう!福生ブログが東京No.1へ! 
いつもありがとうございます!
←今日もポチっとよろしくお願いします!


kino

スポンサードリンク
| 福生トーク | 15:31 | comments(0) |trackbacks(0) | ↑PAGE TOP |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fussa.underhead.jp/trackback/902914
トラックバック


管理人プロフィール

福生まれストア

グッズ取扱店

フッサポーター

ft2.jpg


thanks.gif



 

calendar.gif
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
categories.gif ■ブログ未掲載の福生情報も?

■ご当地グッズでFUSSAを世界にPR作戦



■【福生まれ切符を持っている方限定】 福生ゆき切符
ヒ・ミ・ツのFacebookページ。
切符をお持ちで無い場合は入場できません。


selected_entries.gif thanks.gif
ブログ・Tシャツを紹介して頂きました。

fussabook.jpg
立川・福生本

tamafussa.jpg
たまら・び

street3.jpg
朝日マリオン

street3.jpg
西多摩経済新聞

street3.jpg
日経トレンディネット


TV東京 アド街ック天国【薬丸印】

street3.jpg
朝日新聞


西多摩新聞

street3.jpg
西の風新聞

kansya.JPG
福生市から感謝状を頂きました
→そのときの模様

s20111113_4751548.jpg
コダテリライフ(扶桑社)

swataru.jpg
SISTER JET/
WATARU.S OFFICIAL BLOG



metoro min.
(東京メトロフリーマガジン)


street3.jpg
朝日新聞

R25.jpg
R25

問い合わせ・ご質問はコチラまで。

recent_comment.gif

archives.gif
links.gif

累計 
今日 
昨日 


profile.gif others.gif
限りなくアメリカに近い福生 Copyright(C)2005-2015 UNDERHEAD. All Rights Reserved.Design By 131WEB DESIGN.